栄養の万能選手、ローヤルゼリー

m004-035

健康と美容によい食品として有名なローヤルゼリー。栄養ドリンクなどにも配合されていることが多いので、カラダによさそうなものであることはわかっていても、具体的にどんなものなのか、意外と知らない人が多いもの。

ローヤルゼリーとは、孵化してから1週間ほどの若いミツバチ(働きバチ)が花粉やハチミツを食べて体内で分解・合成して分泌する白いクリーム状の物質。

孵化して1週間の蜂は、人間に例えると17~18歳の、元気のいい年頃。そんな、若くて元気な蜂だけが作り出すローヤルゼリーは、タンパク質が豊富で果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、まさに栄養の宝庫なのです。

そしてこのローヤルゼリーは、ミツバチの社会では女王蜂だけに与えられる『特別食』。女王蜂以外の蜂は、孵化してから3日間はこのローヤルゼリーを食べ、その後は花粉や普通のハチミツを食べて育ちますが、その寿命は数ヶ月程度で体長は1センチ程度しかありません。

しかし女王蜂となるメス蜂は、孵化してから生涯、この栄養価の高いローヤルゼリーを食べ続けて育つため、寿命はなんと3年から5年で、身体の大きさは2~3倍。女王蜂は毎日2000個ものミツバチの卵を産むことからも、生命力のスゴさがわかりますね。


水ローヤルゼリーとハチミツの違い

ローヤルゼリーとハチミツは、どちらも蜂がつくり出すものですが、まったくの別物。ハチミツは、普通の働きバチが花からあつめてきた花蜜を食べて胃で消化し、口から巣に戻されて熟成蓄積されたもの。

こちらは女王蜂以外の働き蜂の食べ物となります。ハチミツはご存じの通り甘いもので、糖質を80%ほど含んでおり、天然の甘味料として料理にも広く役立てられています。

ローヤルゼリーは糖質10%ほどで甘みはないのですが、人間の体内では作り出せない9種類の必須アミノ酸をはじめ、40種類以上の栄養素が含まれています。

コレステロールを下げて生活習慣病の予防・改善する効果があり、私たちの健康な毎日に役立つ「機能性食品」として認められているのです。


ローヤルゼリーの驚異的な健康力!

m004-035

女王蜂だけのための特別食、ローヤルゼリー。ローヤルゼリーを食べ続ける女王蜂が驚異的な生命力を得ることから、ローヤルゼリーのパワーのスゴさがわかりますが、ローヤルゼリーは私たちの身体にもとても素晴らしい効果をもたらしてくれます。

その、ローヤルゼリーのさまざまな健康効果を以下にまとめてみました。

  • 疲労回復効果がスゴい!
  • ローヤルゼリーには、疲労回復効果のある栄養素、ビタミンB群がハチミツの数十倍も多く含まれています。中でも、ビタミンB群の王様といわれる「パテントン酸」はハチミツの170倍。パテントン酸は栄養成分の代謝を促進するほか、ストレスへの抵抗力、精力増強、解毒作用などもあり、さまざまな要因による疲労の回復に効果的に働きます。

  • 生活習慣病・ガン予防に効く!
  • ローヤルゼリーに豊富に含まれる栄養素のひとつ「デセン酸」には自律神経を整える働きがあります。自律神経を整えることで免疫力が高まり、病気になりにくい健康な身体を手に入れられます。また、細胞を若々しく元気にする作用のある「類パロチン」が、あらゆる角度からガン細胞を抑制してくれます。

  • 動脈硬化・高血圧を予防
  • ローヤルゼリーには「アセチルコリン」が豊富に含まれ、血管を拡張して血流をよくし、高血圧や動脈硬化を防ぐ手助けをします。また、アセチルコリンは心身をリラックスさせ、コレステロールを低下させる作用もあります。

  • 糖尿病の症状の改善効果
  • 糖尿病は肝臓で分泌されるインシュリンの量が不足するために、身体にブドウ糖を運ぶ力が低下してしまい、血中の血糖値が上がってしまう病気。ロイヤルゼリーには、インシュリンの生成に不可欠なビタミンB群が豊富に含まれているため、糖尿病の改善にも役立ちます。

  • 女性に嬉しいアンチエイジング効果
  • ローヤルゼリーに含まれるたんぱく質のひとつ「アピシン」には、細胞が増える手助けをしたり、細胞を長生きさせる作用があります。また、若返りホルモンといわれるパロチンと同じ働きをする「類パロチン」も含まれ、細胞の新陳代謝を活発にして、カラダを健康に保ちながら若さをキープする効果があります。

プロポリス効能


ローヤルゼリーの選び方

ローヤルゼリーの歴史について

ローヤルゼリーの歴史について


afb89e50951cac04980a3148b77f6cd3_s

ローヤルゼリーの種類と選び方